イチバ薬局@かわらばん

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 咽頭結膜熱(プール熱) | main | 手足口病 >>

子供の夏かぜ ヘルパンギーナ

急な発熱と、のどや口の中の小水疱が特徴で夏かぜの代表的疾患です。

【症状】
突然の発熱につづき、上あごの奥の粘膜部分に赤い小さな水疱ができます。
コクサッキーウィルスによるもが多いようです。
水疱が破れて、ひどくなると、ツバも飲み込めないほどのどが痛みます。
2〜3日で熱が下がり、発症から1週間ほどで回復します。

【治療・予防】
対症療法になるので、場合によっては医師の指示で解熱剤を使います。
喉の痛みから食欲がなくなるので、脱水症状にならないよう水分補給に気をつけてましょう。

予防の基本は手洗いとうがいです。
また感染している子供には近づかないこと。

主な症状が消えても、便からウィルスの排泄が長期にわたることがあるので、
乳幼児の場合とくに家族の手洗いが大切ですね。



書いた人 テルゾ | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Link

Profile

QRコード