イチバ薬局@かわらばん

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 筋・骨…草 | main | 食中毒対策と悪臭対策 >>

浣腸の使い方


辛い便秘・・!
肛門の近くまできている・・!
こんな時は早く効果があらわれる《浣腸》です。

便秘の時に肛門から液体のクスリを入れ、腸に刺激を与え腸の動きを活発にさせ排便を促せるクスリを「浣腸」といいます。
その分量により大人から赤ちゃんまで使用できます。
当店取扱いの《イチジク浣腸》では下記のようになっています。
5g・・・1歳未満
10g・・・3歳以上6歳未満
20g・・・6歳以上12未満
30〜40g・12歳以上

冬期は容器を湯せん(約40℃の温湯につける)して、
体温近くまで温めると快適に使用できます。

薬液を注入したら、数分ガマンして待ち、十分便意が強まってから排便してください。

浣腸は常用すると効果が減弱し(いわゆるナレが生じ)薬剤になよりがちになるので、連用は避けましょう。



書いた人 テルゾ | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Link

Profile

QRコード