イチバ薬局@かわらばん

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 今年もハロウィン | main | せき・たん >>

甘草(カンゾウ)のマメ知識

生薬配合のある薬を買ったお客様が翌日に来店され、
「こんな副作用の強い薬はコワイから返すわ」
よく話をきくと、添付説明書の「使用上の注意」の中の相談することに、
偽アルドステロン症の事が記載されていました。
「尿量が減少する。顔や手足がむくむ。まぶたが重くなる。手がこわばる。血圧が高くなる。頭痛等があらわれる」

これは甘草の有効成分「グリチルリチン」によるもので、
副腎より分泌されるホルモン(アルドステロン)が実際は過剰に分泌されていないのに、
過剰分泌しているような症状が出ます。

特に高齢者や高血圧の人や腎機能が低下している人は気をつけなければなりませんが、
甘草には、強肝・解毒作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用、抗潰瘍作用などがあり、一般に広く使われている生薬です。
だから安心して服用してくださいと、
この方にはよく説明をして納得していただきました。
書いた人 テルゾ | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Link

Profile

QRコード