イチバ薬局@かわらばん

最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 抜け毛が気になる!! | main | 遅くまで…勉強会 >>

コラーゲンの基礎知識

最近「コラーゲンたっぷり料理」や「豚骨ラーメンでお肌プルプル」などの言葉がテレビや雑誌でよく見られますが、そもそもコラーゲンってどんなものでしょう。

コラーゲンは動物のからだの皮膚や腱、骨、軟骨に含まる繊維状のタンパク質です。
アミノ酸が多数鎖状につながったポリペプチドが単位となり、このポリペプチドが3本らせん状にからまったものがコラーゲン分子となります。
さらに長くつながって、コラーゲン繊維が形成されます。(略)

【儀織灰蕁璽殴鵝
皮膚や骨、腱、靭帯に多く含まれる

【況織灰蕁璽殴鵝
軟骨や半月板に多く含まれる

と、いわれますが、アミノ酸の組成も分子の大きさもほとんど差がありません。
皮膚では繊維芽細胞が、
骨では骨芽細胞が、
軟骨では軟骨細胞が
それぞれの「場」に応じたコラーゲン繊維を形成します。
これは遺伝子レベルで制御されているもので共通の原料であるアミノ酸を十分に供給してあげれば、これらの器官で必要に応じて有効に利用されます。

効率よくアミノ酸を摂取するには

肉や魚を大量に食べればアミノ酸の補給にはなりますが、同時に脂肪やプリン体の大量摂取にもつながります。やはり、バランスよく食事をすることが基本ですが、どうしても難しいと思われる方には、これらのアミノ酸が摂取できる「発酵コラーゲンペプチド」のサプリメントをおすすめします。

(全薬 健康ステーションニュースより)


書いた人 テルゾ | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Link

Profile

QRコード